無塩せきガソリン

SALT-FREE GASOLINE

New Balance #Numeric という存在 ...普段も履けるスケートシューズ

f:id:cte26533:20170717161955j:plain

 

スケートシューズのイメージ

町で見かけるスケートシューズといえば、VANS、NIKE SB、adidas SBくらいか。量販されていて、トレンドが反映されていて、ブランドにパワーがあるようなスケートシューズは田舎都会を問わずよく目にする。シルエットやディティールも普段のスニーカーの域をはみ出さずに、スケート用に特化していたりする。しかしマーケティング的にはスケート一辺倒というわけでもない。ルーツにスケートボードを持つ、イケてるスニーカーという立ち位置なのかな。

 

一方競技志向になっていく、Rakai(ラカイ)、HUF(ハフ)、EMERICA(エメリカ)、ETNIES(エトニーズ)などを普段履きにしている人はあまりいない。ほとんどスケーター向けの店でしか売られていないし、やたらタンが大きかったり余計な装飾があったりと大衆に好かれるデザインでもない。

 

 ※リンクはイメージです

 

これを普段履きにしてぶっといボトムスと合わせたりしていたような層は2000年台中期あたりで絶滅し、今は蛍光モノトーンのバッシュを履いてタイツみたいなスキニージーンズダメージ入りと合わせちゃう層に無事移行したようだ。

しかし俺は今でも「ガチ志向スケシューを普段履きにしている人」を一人知っていて、その人はもちろんスケーターだ。その道の人がこういうシューズを普段も履いているのは蛍光モノトーンなんかよりずっとイケてる。

 

俺はスケーターではないけど、よくクルーザーで坂道を転がす。トリックはしないけど、滑るような靴はゴメンだ。ガチのスケシューはいらないんだけど、普段も履けるスケートボードラインが欲しい。そんなめんどくさい感じだ。

 

New Balance Numericという存在

New Balance#Numeric(ヌメリック)というスケートラインを立ち上げたのは2013年。日本で展開され始めたのが2015年。日が浅いこともあり、日本での知名度はそれほど高くない。

 

ナイキやアディダスのように各スポーツライン・パフォーマンスラインがあるブランドは、あらゆる面で信頼できる。飛び抜けた不良品は少ないだろうということだ。

加えて、無愛想なローテクスニーカーを一つ壊してしまっていたので、なるべく丈夫で似たような物を探していた。ジーンズと合わせるのに、情報量が少なく背の低いスニーカーが欲しかったのだ。

 

 

ニューバランスの持つ素朴なイメージを踏襲しつつ、パフォーマンスと履き心地に特化しており、かつルーツはスケートボード。というわけで俺は久々に靴を買う決心に至った。

 

New Balance PJ Stratford 533 

f:id:cte26533:20170717191732j:plain

f:id:cte26533:20170717191741j:plain

f:id:cte26533:20170717161956j:plain

 

 

ミッドソールに使われている[ REV LITE ]は軽量性とクッション性の両立が売りで、軽快な履き心地だ。またソールは[ Ndurance ]で、特に摩耗に強い。スケートでのアクシデントは靴にとって一瞬で結構なダメージになるので、その対策だろう。

 

※素材については以下のリンクが役に立つ

テクノロジー|NBについて|New Balance Japan

ニューバランスはENCAPにABZORBにREVLITEにROLLBARと横文字が多い - アバクロ・ホリスター・ニューバランス・極度乾燥を扱う東京駅八重洲のセレクトショップ

 

 履いてみた感じ

f:id:cte26533:20170717161958j:plain

実際に穿いてみると、やはり軽い。ハイテクスニーカーなどはどうしてもクッション性を重視するあまり、多少重くなったり足運びがモタついたりするが、そのようなことは全然ない。

ソールはしっかり固く、足裏の感覚をダイレクトに伝えてくれる。このパフォーマンス性も、軽さを感じる要因だ。レスポンスがしやすく、機敏な動きができる。

 

 

f:id:cte26533:20170717161959j:plain

 

外から見たサイズ感は理想的。ボトムスとの相性もあるけど大きすぎたり小さすぎたりするのは嫌いなのだ。

ただ見るだけでは本当に普通のスニーカーだ。この「普通の」という条件がそれぞれ個人に合うか合わないか、好きか嫌いかがあるから面倒なわけだけど。

 

足幅はちょっと狭めだが一日か二日も歩いて履き慣らせば気にならなくなる。むしろスポーツをするならこれくらいタイトなフィット感のほうがいいだろう。

タイトに感じるのは基本的に商品自体が欧米向けの足型で作られていることと、俺の足幅が普通より広めなので起こる悲しい現象だ。指の関節から土踏まずあたりが特にキツく感じるけど、細めのシルエットのためならこれくらいは問題ない。

 

しかし通販で買うときなんかに「いつものサイズでいいかなー」「フィットした方がいいから小さめにしようかなー」と決めてしまうのはちょっと待った!

SNSやレビューなどを見てみても、小さい・キツイということがちょくちょく話題に上がっている。俺も、足の長さはぴったりだが、足幅と甲高はキツキツだ。できれば店頭で試着して、ネットで買うならば返品を覚悟するべきだ。

  

スケートしてみてどうなのか

 

f:id:cte26533:20170719055816j:plain

f:id:cte26533:20170719055834j:plain

足首周りにまでクッションが行き届いており、きっちりホールド感がある。ニューバランス特有の柔らかく包まれている感はヌメリックにおいても健在だ。

硬めのソールは案の定レスポンスが良い。体重を移動する際も足裏を通してボードにすんなり体重をかけることができる。

ブレーキや、ちょっとつまずいて転びそうになる時も、足にはノーダメージ。さすがのクッション性だ。

 

ただやっぱり心なしかワイズが狭い。スマートなシルエットにするためには足幅や甲高を犠牲にするしか無いのだろう。574や996みたいな量販モデルと違って買う人も限られてくるしね。

 

グレーの”N”マーク以外に余計な装飾もなく、ナローなシルエットが静かに足元で映える。派手なスニーカーで下手を打つよりは、こういったオーセンティックでオールドスクールなスニーカーの方が気兼ねせず普段から履けるのだ。

 

www.newbalance.co.jp

 

 途中に出てくるクルーザー

cte26533.hatenablog.com

 

今回は海外通販サイトから買った

cte26533.hatenablog.com