無塩せきガソリン

SALT-FREE GASOLINE

A.P.C. New Standardを入手(+ニュースタとは関係のないグーグルの話)

f:id:cte26533:20170714140311j:plain

cte26533.hatenablog.com

 

凝りもせずにまたニュースタンダードを入手した。前回入手したものは27インチで、今回のものは29インチ。2インチ違うだけで持った感じや重さの印象がぜんぜん違う。穿いてはいないので実際どうなるかはわからないが、生地のたわみ方、股間周りのモタツキ、裾の太さなどからは少々太めのシルエットになることが予測される。ウエストぴったりで穿くのが推奨されるわけだ。A.P.C.のジーンズは身長というよりも体型で選んだほうがいいのかもしれない。

 

写真と解説 

f:id:cte26533:20170714140306j:plain

f:id:cte26533:20170714140305j:plain

f:id:cte26533:20170714140307j:plain

たたみグセがすごい

 

f:id:cte26533:20170714140308j:plain

f:id:cte26533:20170714140309j:plain

日本語での表記がない。

なにこれ?

 

f:id:cte26533:20170714140310j:plain

あーあ。たまーにどこで教わってんのかわからない裾上げの仕方してる人がいるけどこれはひどいね。

生地が一番重なるところにそもそもミシンを通さないでおこうとして、こうなってしまっている。

 

変な裾上げを見て俺はガッカリしている

このニュースタもやはり糊が落とされている。変なところにあるたたみシワや裾上げの雑さなど、この人はニュースタ、果てはA.P.C.のことを何だと思っていたのかは気になるところ。たたみシワは乾燥機だろうな。A.P.C.はタンブラー乾燥を推奨していないので、頭に入れておくといい。乾燥機は大きく捻れたり、大きく縮んだりするような糸の撚りが甘くて緩く織られているジーンズのためのものだ...と俺は思っている。

 

加えて、裾上げの処理はちょっとガッカリしたというか、まあそうだろうかというか、なんというか、説明が難しい。無力感のようなものを感じているわけを順を追って説明していこう。

 

グーグルは信用できるのか

じゃあ今あなたが裾上げに迫られているとしよう。あなたがジーンズが好きでもう何年も、何本もジーンズを穿いているならそれは問題ない。裾上げするときにどこに持っていくかとか、どのタイミングでするかとか、裾上げしない場合はどうやって穿くかというのは、デニムヘッドならばよくご存知のことだろう。

ほとんどの人はそうではない。お店で営業トークに乗せられたり、雑誌で紹介されていたものを一念発起して買ったり、自分では何も考えることができないからくだんねー自称アドバイザーとかがテキトーぶっこいてすすめる”難しい”ものをホイホイ選んでしまったりして、意図しないアイテムを手にする時がある。

 

それで処理のわからないものを手にした時にグーグルで検索するというのはもはや現代人として当然のリテラシーのように浸透してしまっている。じゃあこれが正しいのか

 

これはグーグルで「ジーンズ 裾上げ」と検索した結果だ。

これはちょっとあなたにも考えてほしい問題なのだ。

 

検索結果は誰にとっても有用な情報なのか

一番頭にくるのはネイバーまとめ。言うまでもなく、質の悪いキュレーションメディアの最大手だ。(キュレーションメディアは全部質が悪いから意味が重複しちゃってるかな...?)書いてあることはほとんど引用。誰が書いているかわからない。情報の責任は引用元に押し付けられている。何が起きようが知ったこっちゃないというスタンスで、実際の内容も玉石混交。アクセス数とグーグル表示順位以外に興味がない、ロクな情報が得られないサイトだ。

 

次に来るのは、生地が重なるところを切り落としてしまうライフハックを紹介しているサイトや動画。これの何がダメって、何年も穿いてるうちにここからほつれてくるのは目に見えているからだ。見た目だけ取り繕うような裾上げならそれでいいかもしれないが、長時間洗濯せずに毎日穿くような筋金入りのフェイズ、またはそれを志す人にとって、この情報は全く適していない。

しかし残念ながら、デジタルネイティブにとってはこれらが初めてジーンズに接する情報なのだ。

 

というかそもそもジーンズの裾上げは基本的にチェーンステッチで行われてナンボだという前提が検索結果に一切共有されていない。これでは、初めていいジーンズに手を出したビギナーにとって不親切というか、嘘を教えているのも同然だ。

 

バカはほっとけよという意見に対して

今現在の俺の実感として、グーグルの上位に出てくるサイトは、バズっているか、上位を狙うように設計されているサイトだけで、実際に使えるかどうかというのが全く考慮されなくなってしまっている。要は信用できないのだ。

しかしそういうインチキな情報・当人に適していない情報を鵜呑みにしてしまう層は必ず一定数いる。しかし彼らが能無しなのかというと、それは決して違う。検索能力がないだけで、実は恵まれた才能を持っている可能性は大いにある。しかし彼らの才能は適切な情報がなければ眠ったまま。よくわからないノウハウを身に着けてしまったら成長は見込めないのだ。そういう貴重な可能性をまるごと刈り取ってテキトーぶっこいてるやつがいる、ということなのだ。

 

そういう何の価値もない検索結果なんか信じずに、自分が信頼できて色々知っているアニキ的な存在を見つけてSNSなりで教えてもらったり真似したりすればいいんじゃないのか...と言おうと思ったけど、こういう風にしてインチキ自称アドバイザーにぶち当たるのか。うまくいかねーな。

 

今のところヘンテコな情報を鵜呑みにしないということしか我々にできることはない。どうやらグーグル側でも、その人にとって本当に有用な検索結果が個別に用意されたりもしているみたいだし、そのうちきちんと整理整頓されてどうしようもないまとめサイトが潰れていくといいなと思っている。

 

 

… …

 これは何日か前に上げたブログで俺が言ったことです。

f:id:cte26533:20170714175324p:plain

文系デニムヘッドが考える科学の話(ジーンズが色落ちする仕組み) - 無塩せきガソリン

...反省しています。

戒めのためにこの文言はこのままにしておきます。

 

最後に

f:id:cte26533:20170714174319p:plain

今回は色々こき下ろしてしまったので最後にフォローしておこう。グーグルも一枚岩ではないので、使いようによっては非常に強力なツールになるのだ。例えば画像検索→画像で検索で、たまたま見つけた可愛い子の画像のアドレスなんかをコピペすれば、その子の情報がたちどころにわかったりもする。

http://68.media.tumblr.com/c4a7c2c27d320dcb63c4150f60c00d91/tumblr_nf6ci5c4dy1tm3k7ao1_1280.jpg

「この人、なんなんだ?」という時に画像で検索は有用だ。試して欲しい。

 

 

 

※これはとても参考になる裾上げのブログ!ここは信用できる!スゴイ!絶対見たほうがいい!

cte26533.hatenablog.com