読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無塩せきガソリン

シーユーインザネクストライフ

GAPのシャツ-裾上げなど

f:id:cte26533:20170513114314j:plain

f:id:cte26533:20170513114248j:plain

随分前にGAPで買ったシャンブレーシャツ。たしか最後のボタンホールがほつれてしまったので仕舞っておいたような気がする。記憶は曖昧で、俺達は曖昧なものを頼りに生きている。

 

久々に着てみると丈もちょっと長い。というか市販のシャツの丈は大体ちょうどいい位置に来てくれない…と感じている。ズボンに入れるのを前提にしているわけでもあるまいし。シャツは未だにサイズ感がよくわからないのであまり手を出したくない。

 

f:id:cte26533:20170513123948j:plain

サイドの補強が面白そうだったので解体してみる。特に面白みはなかった。

 

f:id:cte26533:20170513124326j:plain

f:id:cte26533:20170513124413j:plain

 

f:id:cte26533:20170513124713j:plain

バッサリ。かなり適当。

 

f:id:cte26533:20170513130057j:plain

ミシン行く前にこちらを補修。ボタンホールの周りの生地ごとほつれている。シャンブレーは経糸に色糸、横糸に白糸が使われている。このケースでは経糸の青糸が飛び出しているのがよく分かる。ボタンのダメージによって経糸が切れてしまったのだろう。

 

f:id:cte26533:20170513132849j:plain

雑に縫った。

f:id:cte26533:20170513150750j:plain

完成の図。ミシン写真は無いです。

 

f:id:cte26533:20170513150810j:plain

サイドの補強材をセルビッジにしてみる。

 

f:id:cte26533:20170513150916j:plain

 

f:id:cte26533:20170513153200j:plain

APCジーンズの銀リベットがよく映える。

 

 

・今回の所感

サイドの補強部、設計図がないとメチャクチャになります。これは近くで見るとメチャクチャなことがわかります。

それ以外はやってみればなんとかなったので強度以外はいい感じ。

 

 

 

クローゼットで眠っている服をもう二度と着ることがないという人がいて、へーそうなんだと思う。太ったとか痩せたとか飽きたとか流行りが終わったとか店で試着した時はイケていたが家に持って帰るとすごく微妙なことに気付いたとかパネルではとびきりS級指名料プラスだったのに実物は写真とは似ても似つかない「妖怪ねぶとり」のような嬢がきたとか。最後は違うか。とにかく人は間違いを犯すのでいらない服はどんどん増えるしいつかはそれを手放すことになる。

 

あるいは。

生地がやつれてきた、リブが伸びてきた、など見た目に支障が出た場合に服としての機能に問題がなければ部屋着になるというケースもあるだろう。そうして部屋着になった服がもう一度外行きの服になるかという問題がある。

ちなみにこの例えは男性からみたセフレの感覚を女性に説明するときによく用いられる。一度部屋着というタグを付けられたアイテムがオシャレ着として他の新品に混ざることは決してないのだ。

 

火遊びに本気になってはいけないな〜みたいなを思うのは、こういう男女の感覚の違いを分からないうちにヤリチン氏のローテーションに組まれてしまう女性を結構見てきたからで、でも彼らが現状モテているということはそういう男性が求められているのだろう。なにがすごいってヤリチン氏の適当な相槌に「私の相談を親身になって聞いてくれてる!」とかそういうことを多くの女性が本心から思っているらしいからだ。ヤリチン氏のスキルが上等なのか女性がチョロいだけなのかは俺にはわからないけどまあどちらも飽きないものだなと思う。まあそうじゃない男性が軒並みオタクかマイルドヤンキーでは女性の選択肢も随分限られているのだろう。頑張ってくれという思いである。俺にはそういった広く女性に通じる魅力もスキルもないし、後処理もまるでできないので、最初から遊びのつもりで割り切ってる女性が好みだ。しかしこちらがいいなと感じても向こうはあくまで遊びだから夜が明けてからの態度は大体サッパリである。うまくいかないもんだ。

 

 

 

部屋着の話だった。ダルダルになったコットン製品は乾燥機入れれば縮んで寿命延びたりするから、そういうことをしていきましょうとかそういうことだった。シルエットでも結構印象変わるから「お直し」など呼ばれるサービスも試してみてはいかがだろうかとかそういうことなのだ。

このブログは洋服のお得情報の発信源なのだ。決して男女の痴情のもつれを憂うブログではない。