無塩せきガソリン

SALT-FREE GASOLINE

けん玉

f:id:cte26533:20170426212838j:plain

 

www.gloken.net

 

廿日市のワールドカップトリックが公開されましたね。

それはさておき。

 

 

 

ジーンズはスポーツに向いていない。動きにくく、汗の排出もままならないズボンであるため、サッカーや野球や柔道なんかをジーンズでするのは理想的とは言い難い。一方で、スポーツと言えるかどうかイマイチわからない、スケートボード・BMX・ダンスなどは、専用のウェアがあるのかどうかは曖昧だし、ジーンズでプレイしている姿もよく見る。

 

明確なウェアがなく、得点を付ける場合の優劣は芸術点かつオーディエンスに大きく左右されるという点でけん玉もその一種だろう。JPオークレアというスキーヤーが日本に来た際のお土産に持って帰ったけん玉は、スキーヤーを中心にアメリカのストリートに直撃し、いまや各国にけん玉ブランドやファクトリーができるまでになった。テレビなんかで「今けん玉が世界中でブームなんです!」なんて報道がされたり、スゴ技ビックリ映像でプロプレイヤーをちらりと見かけることはあったりするが、競技人口が極端に少ないため興味がない人は実際にプレイしているところを見る機会が一生無いというところもスケートボードやBMXと似ている。

 

なんでこういう「普通では考えられない重力に逆らった動きを見せる遊び」をプレイする人って少ないのかね?スノーボードみたいに「みんなで」やることがないから?部活や体育の授業みたいな社会の縮図を強制的に生み出すようなセクションに落とし込みづらいから?なるほど個人競技ということは関係してるかもしれないな。

 

youtu.be

 

ビデオのように実際にトリックを決めようと思うと、体全体を使って小さなけん玉の動きを制御しなければならない。汗だくになることはないまでも、ただじっと突っ立っているわけでもない。フェイズにはオススメだ。